様々なダンスシーン

 

 ダンススポーツは、オリンピック競技を目指しています。2010年の中国広州でのアジア競技大会では正式競技として採用され、日本選手は数多くのメダルを獲得しています。このような、身体能力を極限まで使ってダイナミックな美しさを競う「競技スポーツ」としての発展とともに、心身のバランスや健康増進のための「生涯スポーツ」として楽しんでいる中高年のファンも多く、日本でのダンススポーツの人口は200万人余りと言われています。
 スポーツは、“身体”を強化し、健康を増進するだけなく、爽快感や達成感、連帯感をもたらし、職場や人間関係などによる日常のストレス解消の手助けをしてくれます。近年、こうした“心”の安定と豊かさが求められる中、手軽にスポーツを楽しむことの重要性はますます高まっていくでしょう。
 特にダンススポーツは、年齢、性別を超えて、それぞれの身体能力に合わせて安全に楽しめ、「アンチエイジング効果」も高いことから、老人クラブなどでも人気のスポーツで、医療費の削減にも大いに役立っていると言われています。高齢化社会を迎え、生きがいと活力をもたらす生涯スポーツとしてのダンススポーツが果たす役割は、ますます重要になってゆくと思われます。
 私たちJDSFは、ジュニアからシニアまで、世界を目指すナショナルチームの競技選手育成と同時に、より多くの国民の皆さまが、ダンススポーツを通して楽しく、心豊かに健康増進を図っていただけることを願って、全国の都道府県、市区のサークルを拠点とした普及活動を行っています。

Japan DanceSport Federation

公益社団法人 日本ダンススポーツ連盟

 

 

SNS

各種SNSから情報発信も行っております