今年10月にブエノスアイレス(アルゼンチン)で開催される2018年ブエノスアイレスユースオリンピック(以降「BAYOG」)のブレイキン(ブレイクダンス)競技世界最終予選となるWDSF世界ユースブレイキン選手権 において男女ともに日本代表が優勝を飾り、両名はBAYOGの出場権を獲得しました。

この選手権は世界34か国と地域から86名が参加。日本からはアジア大陸予選を勝ち上がった男子3名、女子2名が出場しました。

●WDSFユースブレイキン選手権結果
2018年5月20日@川崎市 

<女子(B-Girl)>
優勝 : Ram(日本)
準優勝 : Matina(ロシア)
3位 : Yell(韓国)
4位 : Uruha(日本)

<男子(B-Boy)>
優勝 : Shigekix(日本)
準優勝 : Bumblebee(ロシア)
3位 : Bad Matty(イタリア)
4位 : X-Rain(中国)

photo2

2018年5月21日
ブレイクダンス部


Japan DanceSport Federation

公益社団法人 日本ダンススポーツ連盟

 

 

SNS

各種SNSから情報発信も行っております