現在開催中のブエノスアイレスユースオリンピックで、今大会で初めて採用されたダンススポーツ競技のブレイキン(ブレイクダンス)種目の決勝トーナメントが8日(現地時間、日本時間9日未明)に開催され、女子日本代表のRam(河合来夢、17歳)が金メダル、男子日本代表のShigekix(半井重幸、16歳)が銅メダルを獲得しました。

 史上初となるオリンピックでのブレイキン種目開催は、次世代のオリンピック種目として世界から高い注目を集めていましたが、男女ともに日本代表がメダルを獲得するという偉業を達成した形となります。

 なお、昨日の個人戦に引き続き、現地時間10日(水)からは国をまたいだ男女2人1組でチームを編成して対戦するミックスカテゴリーも開催予定です。このミックスカテゴリーは、ユースオリンピックの国際交流精神を反映したものとして注目を集めており、日本代表の両選手とも出場予定で、さらなる活躍が期待されます。

 

●女子個人( B-Girls ) 結果

 優勝  Ram(日本)

 準優勝 Emma(カナダ)

 3位  Yell(韓国)

    公式結果 ユースオリンピック競技大会組織委員会 公式ウエブサイト(英語版)

●男子個人( B-boys ) 結果

 優勝  Bumblebee(ロシア)

 準優勝 Martin(フランス)

 3位  Shigekix(日本)

    公式結果 ユースオリンピック競技大会組織委員会 公式ウエブサイト(英語版)

 

 

 

 

 

2018年10月9日
ブレイクダンス部

 


Japan DanceSport Federation

公益社団法人 日本ダンススポーツ連盟

 

 

SNS

各種SNSから情報発信も行っております